NO1

 

子供達は時々言います。「○○君(さん)は頭が良いけれど、僕(私)は頭が悪い、

だから良い点がとれないのだ。」と、でもそんなことを言う子供たちでさえ

実はよく納得しています。それが勉強をしない自分のせいであると、…私もそう思っていました。

頭の良い、悪い、は結果に対する口実である、と。 ですが今、必ずしもそうではないと考えています。

誤解を招く表現ですが、「頭の良い、悪い」はあると…  

 

 

長年、多くの生徒さんと接していますと、稀に才能というもの

を感じる時があります。少々の努力では飛び越すことのできない壁の

ようなものを、子供の中に感じる時があるのです。

 

事実、身長や体力に違いがあるように、学習能力に差がある

のは、ごく当然で間違いのないことです。

でもノーベル賞をとったり、学者になるための勉強をしている

のなら、この差は決定的かもしれませんが、学校でしている勉

強はそんなに高度なものではありません。

 

それに小学校や中学、高校で「頭が良い」と言われている生徒

が、そもそも生まれながら高い学習能力を持っていたかは、疑わしいこ

とです。なぜなら、学習をすればするほどその知識が増えるの

は当然のことですが、この知識には「頭が良くなる」という

褒美がついてくるからです。

 

例えば、あることに関して10の知識をもったA君と、

7の知識を持ったB君がいて、2人が同時に同じことを学び、

どちらもよくわかったとします。

 

でもどちらのほうが応用力が高いでしょう。関連事項について

沢山の知識を持っているA君のほうが、応用問題や発展問題を

より多く解くでしょう。B君は自分は「頭が悪い」、と思う

かも知れません。 同じように新しい事を勉強して、同じようにわかった

つもりでも理解力や運用能力には、勉強する前からすでに差ができて

いるのです。

 

皆さんは、成績の良い子が暗記力も高いのを知っていますね。

これも頷けることです。。

 

          元のページへ ⇔ 次のページへ